edit

micro:bit Grove 入門キット

マイクロビット用Grove入門キット - Grove Inventor Kit for micro:bit - Seeed Japanese Wiki

  

BBC micro:bitはマイクロコンピュータの一種です。これを使えば、エレクトリックやコーディングに関する知識が少なくとも、使用者は創造性を生かすことがよくできます。BBC micro:bitはいろんな創造の可能性を提供しており、ロボットから楽器までのほうにも創造的なことが出きます。しかし、創造性を生かすには、BBC micro:bitだけを使っては不十分です。そのため、BBC micro:bit に最適なGrove Inventor Kit をお薦めします。

Grove Inventor Kitはユーザにmicro:bitの無限の可能性を与えられます。キットのコアボードはmicro:bitに適用するGrove拡張ボードであり、それによって、センサー、ディスプレー装置やアクチュエータなど多種のGroveモジュラーはmicro:bitとのインタコネクトができます。たとえGroveを使ったことがない、或いはそのことが分からなくても心配する必要がありません。Groveの使いには溶接やジャンパー線の必要がなく、プロトタイピングのことも簡単、便利であることだけです。  

Micro:bitのご使用になるため、こちらはGroveモジュールを8つ用意します。これらのGroveモジュールを合わせて使うと、距離測定とその表示、手振りで音楽放送、部屋で電子警備装置の放置などもできます。必要なパッケージも無料で提供しています。また、Micro:bit初心者には、学習材料とする12のプロジェクトも提供します。エキスパートに対しては、このキットを手際よく活かせることができます。

注意!  Micro:bitの輸出電圧は約3.0Vで、Micro:bit或いは単3電池を電源とすると、高入力電圧と駆動電流が必要なGroveモジュール(例えばGrove-Ultrasonic Ranger)には故障を起こる可能がありますので、Groveモジュールの通常動作のため、Grove拡張ボードのMicro USBを使ってシステムに電力供給してください。

商品特性

  • 外形綺麗な拡張ボードに多種の周辺機器を便利に接続
  • Micro:bit最適のGroveモジュールが10つあり
  • ゼロから学習用プロジェクトが12つあり
  • 詳細な取扱説明書

ハードウェア概要

部品一覧

部品 数量
Micro:bit用のGrove拡張ボード(Grove Shield for micro:bit) 1
Grove - Rotary Angle Sensor(P) 1
Grove-スピーカー(Grove - Speaker) 1
Grove-超音波レンジャー(Grove - Ultrasonic Ranger) 1
Grove-ライトセンサー v1.2(Grove - Light Sensor v1.2) 1
Grove-WS2812防水LED Strip-30 LEDs 1m(Grove - WS2812 Waterproof LED Strip - 30 LEDs 1 meter) 1
Grove - Gesture 1
Grove - 4-Digitディスプレー(Grove - 4-Digit Display) 1
Grove - 赤LED(Grove - Red LED) 1
(Micro USB ケーブル 48cm)Micro USB Cable - 48cm 1
プロジェクトのマニュアル(12 Projects Manual) 1
Alligator ケーブル(Alligator Cable) 10
Grove ケーブル(Grove Cable) 7

ご使用の案内

Micro:bitについての基本知識

初めて使う場合には、Micro:bitに関わる基本知識が必要です。 こちら へMicro:bitの詳細情報をご覧ください。

Micro:bitは、JavaScriptブロックエディターや、Python Editorという2種類のエディターでプログラムすることができます。JavaScriptブロックエディターはグラフィカルプログラミングができ、簡単で、学びやすいです。それで、以下はJavaScriptブロックエディターについての学習内容です。

簡単ですが、以下の2つのステップを注意してください、その2つのステップが終わったらす、Micro:bitを自由に活用させることができます。

ステップ1 エディタを開く

**JavaScriptブロックエディター**をクリックして 、グラフィカルプログラミングのページに行きます。

ステップ2 Grove パッケージの追加

-右上のギヤをクリックして、 **「Add Package」**を選んでください。

  • 以下のURL: **github.com/seeed-studio/pxt-grove**を入力します。

  • それからツールバーでは Grove が見えます

デモ1 ジェスチャー認識

ジェスチャーセンサーは九種のジェスチャーが識別できます。このデモを通じて、Micro:bitでジェスチャー名称を表示することができます

器材リスト

器材 数量
Grove - Gesture 1
Micro:bit用のGrove拡張ボード(Grove Shield for micro:bit) 1
micro:bit 1
Grove ピンが4つあるケーブル(Grove Universal 4 pin cable) 1
Micro-USB ケーブル(Micro-USB cable) 1

接続

  • **micro:bit**を **Grove Shield for micro:bit**にインサートします。
  • Grove ケーブルでGrove-GestureをMicro:bitの I2C ポートに接続します。
  • Micro-USB ケーブルでmicro:bitをパソコンに接続します。

注意!

micro:bitを壊しないように、micro:bitをインサートする時は、LED配列は外へ向けてください。

ソフトウェア部分

  • ステップ1

Gesture sensorの追加

-ステップ2

センサーが手の右から左への移動方向を識別できるように、 Right を選んでください。

  • ステップ3

「Basic」での show string を追加し、それを「Gesture」に挿入します。「Hello!」をダブルクリックして、それを「Right」に変更します。

  • ステップ4

ステップ3と同じように、「Left」や「Clockwise」を追加して、 「show icon」 を「Clockwise」に挿入します。

  • ステップ5

以上の操作が完了すると、プロジェクトの名前を「gesture」にリネームします。そして、このプロジェクトをボードにダウンロードします。左下の 「Download」 をクリックして、ファイル **「microbit-gesture.hex」**をMICROBITでの「flash」にダウンロードします。

完成!

ヒント!!! 色によってブロックを探すのは便利ですよ。例えば、「show icon」の所在が分からないけれど、そのブロックが青色で、それから青色のモジュール「Basic」で「show icon」が見つかります。便利で効率ウップではありませんか?

デモ2 超音波メーター

このデモを通じて、超音波メーターで距離測定とその表示ということができます。

器材リスト

器材 数量
Grove-超音波レンジャー(Grove - Ultrasonic Ranger) 1
Grove - 4-DigitディスプレーGrove - 4-Digit Display 1
Micro:bit用のGrove拡張ボード(Grove Shield for micro:bit) 1
micro:bit 1
Grove ピンが4つあるケーブル(Grove Universal 4 pin cable) 2
Micro-USB ケーブル(Micro-USB cable) 1

接続

  • micro:bit を **Grove Shield for micro:bit**にインサートします。

注意!!! micro:bitを壊しないように、micro:bitをインサートする時は、LED配列は外へ向けてください。

  • Grove ケーブルでGrove - Ultrasonic Rangerをmicro:bitの**P0/P14** ポートに接続します。
  • GroveケーブルでGrove - 4-Digit Displayをmicro:bitの P1/P15 ポートに接続します。
  • Micro-USBケーブルでmicro:bitをコンピュータに接続します。

ソフトウェア部分

-ステップ1

Basic block **「on start」**を追加して、そしてvariable blocks **「set item to 0」**を追加します。「item」を「Display」にリネームします。または「0」を「Grove block 4-Digit Display at P1 and P15」に取り替えます。

  • ステップ2 Basic block「forever」を追加して、そしてGrove block「item show number 0」を追加します。「item」を「Display」にリネームします。または「0」を「Grove block Ultrasonic Sensor (in cm) at P0」に取り替えます。

  • ステップ3

Basic block「pause (ms) (100)」を追加します。

  • ステップ4

このプロジェクトを「Ultrasonic Meter」にリネームして、ダウンロードします。Enjoy!

関連リソース

Grove Shield for microbit_eagle file.zip

micro:bit Getting Started Videos

About micro:bit

micro:bit Hardware

micro:bit Apps

Grove Shield for microbit_eagle file.zip

技術サポート

何かご不明な点がございましたら、 フォーラムでお問い合わせ下さい。

※このページは英語バージョンのウィキに基づいて翻訳されたものです。何かご不明な点などございましたら、英語バージョンをご参考下さい。