edit

Seeeduino Xiao用Groveシールド

Seeeduino XIAO 用のGrove拡張ボードです。オンボードのバッテリー管理チップとバッテリーボンディングパッドを使用するにより、リチウム電池でSeeeduino XIAOに簡単に電力を供給し、充電することができます。 オンボードの8個のGroveコネクタには、2個のGrove IICと1個のUARTが含まれて、300以上のGroveモジュールにより間簡単にアクセスできます。また、ボードのメモリを拡張する必要がある開発者のために、SPI-Flashボンディングパッドをはんだ付けするところも保留し、Seeeduino XIAOにより多くの可能性を提供します。

内蔵されたバッテリー管理チップとバッテリーボンディングパッドを使用すると、リチウム3.7VバッテリーでSeeeduino XIAOに簡単に電力を供給して充電でき、プロジェクト、特にウェアラブルプロジェクトをよりポータブルに作れます。また、実際に使用する時には、オンボードPCBスタンプホールドを介してボードを分割することもできます(分割後の寸法は25 * 39mmのみ)。

Seeeduino XIAO用のGroveシールドはSeeeduino XIAOから14ピンを引き出し、または電源スイッチと充電ステータス指示ライトを搭載しています。また、ボードのメモリを拡張する必要がある開発者のために、SPI-Flashをはんだ付けするところも保留し、Seeeduino XIAOにより多くの可能性を提供します。

Note

この製品にはSeeeduino Xiaoは含まれていません。Seeeduino Xiaoのご購入は こちら へ。

特徴

  • リチウム電池の充電および管理機能チップ搭載
  • Groveコネクタ(Grove IIC * 2、Grove UART * 1)搭載、14ピンGPIO
  • コンパクトで、需要に応じて中部から切り離すことができる設計
  • SPI-Flashをはんだ付けするところがある
  • 電源スイッチと充電ステータス指示ライト付き

仕様

項目
電源 3.3V / 3.7V リチウム電池
負荷容量 800mA
充電電流 400mA (Max)
動作温度 - 40°C to 85°C
保存温度 -55°C to 150°C
Groveインターフェース I2C * 2 / UART * 1

適用シナリオ

  • ウェアラブルデバイス
  • ラピッドプロトタイピング
  • Groveモジュールのテスト
  • 超小型プロジェクト

利用できるプラットフォーム

Arduino Raspberry Pi BeagleBone Wio LinkIt ONE

入門

必要な材料

Seeeduino XIAO Groveドップラーレーダー (Grove-Doppler-Radar) Seeeduino XIAO用のGroveシールド
enter image description here enter image description here enter image description here
購入 購入 購入

ハードウェア 一覧

ピンアウト

Groveドップラーレーダーのピンアウト

ピン番号 シグナル名 ピン説明
1 DIV_OUT BGT24LTR11からのアウトプット分周器
2 GND 地面
3 VCC_5V_EXT 外部電源+ 5.0 V入力電源ピン(最大値=5.5V)
4 VTUNE VCO周波数同調電圧
5 IFQ_HG BGT 24 LT 11 Qチャネルアナログ信号出力第2ゲインゲインステージ
6 IFI_HG BGT 24 LT 11 Iチャネルアナログ信号出力第2ゲインゲインステージ
7 PWM_OUT CCU4付きの外部ユーザ設定可能のGPIO
8 OUT1 外部GPIOピン(ユーザ設定可能)
9 OUT2 外部GPIOピン(ユーザ設定可能)

ハードウェア接続

Tip

Seeeduino Xiao拡張ボードインターフェイスにUSBケーブル、ドップラレーダーインターフェイスを穏やかに接続してください。そうでなければ、ポートを損傷する可能性があります。

  • ステップ1. Groveケーブルを通じてドップラーレーダーをSeeeduino Xiao拡張ボードに差し込んでください。

  • ステップ2. USBケーブルでSeeeduino XIAOをPCにつないでください。

  • ステップ3. ソフトウェアの部分を参照し、コードをダウンロードしてください。

  • ステップ4. コードを実行して、その結果はあなたの Arduino IDE の**シリアルモニタ** の画面に表示されます。 .

ソフトウェア

Note

初めてArduinoを利用する場合、はじめる前にぜひArduino入門を読んでください。

  • ステップ 1. デモコードをダウンロードしてください。

  • ステップ2. Seeed_Arduino_DopplerRadar ファイル全体をコピーして、 Aduino IDEライブラリファイルに貼り付けます。

  • ステップ 3. Arduino IDEで**BGT24LTR11_DETECTION_TARGET** というファイルを開きます。

  • ステップ 4. デモをアップロードします。コードをアップロードする方法がよく知らない場合、「 どのようにコードをアップロードする」をチェックしてください。

ソフトウェアコード

#include "GBT24LTR11.h"

#ifdef __AVR__
    #include <SoftwareSerial.h>
    SoftwareSerial SSerial(2, 3); // RX, TX
    #define COMSerial SSerial
    #define ShowSerial Serial

    GBT24LTR11<SoftwareSerial> GBT;
#endif

#ifdef ARDUINO_SAMD_VARIANT_COMPLIANCE
    #define COMSerial Serial1
    #define ShowSerial SerialUSB

    GBT24LTR11<Uart> GBT;
#endif

#ifdef ARDUINO_ARCH_STM32F4
    #define COMSerial Serial
    #define ShowSerial SerialUSB

    GBT24LTR11<HardwareSerial> GBT;
#endif

void setup() {
    // put your setup code here, to run once:
    ShowSerial.begin(9600);
    COMSerial.begin(115200);
    GBT.init(COMSerial);
    while (!ShowSerial)
        ;
    while (!COMSerial)
        ;
    /*
        MODE 0 -->detection target mode
        MODE 1 -->I/Q ADC mode
    */
    while (!GBT.setMode(0))
        ;
}

void loop() {
    // put your main code here, to run repeatedly:
    uint16_t state = 0;
    ShowSerial.print("target speed:");
    ShowSerial.println(GBT.getSpeed());
    state = GBT.getTargetState();
    //2 --> target approach
    //1 --> target leave
    //0 --> Not Found target
    if (state == 2) {
        ShowSerial.println("target approach");
    } else if (state == 1) {
        ShowSerial.println("target leave");
    }
    delay(200);
}

成功

すべてのことがうまくいけば、**シリアルモニタ**で以下のような結果が見えます。

Grove-Doppler-Radar'' OUTCOME
図 3. 接近するオブジェクトなし

そして、レーダーに接近するか、通り過ぎるオブジェクトがあるならば、結果は以下の通り変わります:

Grove-Doppler-Radar'' OUTCOME
図 3. オブジェクトが接近する

Note

センサが検出できる最小速度精度は52 cm/sで、0 . 52 m/s、3 . 6 km/hと2 . 23 mphに当たります。また、関数getspeed ()が返す結果は52 cm / sの倍数で、絶対値です。

回路図

他の情報

デモ

技術サポート

技術的な問題は、 フォーラムに投稿してください。