edit

SeeeduinoXIAOでCircuitPythonをインストールして動作させる

このwikiはSeeeduino XIAOでAdafruit IndustriesのCircuitPythonをインストールして動作させる方法を紹介します。

CircuiPythonは、低コストのマイクロコントローラボードでのプログラムの実験と学習を簡素化させるように設計されたプログラミング言語です。これを利用して、事前にデスクトップをダウンロードする必要はなくて、簡単に入門できるようになりました。一度ボードを設定したら、任意のテキストエディタを開いても、コードがエディットできます。詳しくはこちらをご参照ください。

CircuitPythonのインストール

  1. 公式の Seeeduino XIAOのCircuitPythonブートローダーをダウンロードします。.uf2 をダウンロードする必要があります。

  2. Seeeduino XIAOをUSB Type-CでPCに差し込みます。

  3. ジャンパーを使って、速くRSTピンを2回つなぐことによって、DFUブートローダーモードに入ります。詳しくは同じようにこちらをご参照ください。

  1. コンピューターでArduino という外部ドライブが見えます。ダウンロードされたCircuitPython uf2ファイルをArduino ドライブにドラッグします。
  1. Circuit Pythonブートローダーをロードしたら、USB Type-Cを抜いて、再び繋いでください。CIRCUITPYという新たな外部ドライブが見えます。
  1. ここにいたって、CircuitPythonはすでにSeeeduino XIAOにロードしました! 自分のpythonプログラムを作成して、それをmain.pyと命名して、CIRCUITPY というドライブにドラッグすれば十分です。

CircuitPyhtonのコード入門

CircuitPythoを使って Blink を実行させる:

以下のコードをコピーして保存してください。そして、それをmain.pyと命名して、CIRCUITPYというドライブにドラッグします。

import time
import board
from digitalio import DigitalInOut, Direction

led = DigitalInOut(board.D13)
led.direction = Direction.OUTPUT

while True:
    led.value = True
    time.sleep(1)
    led.value = False
    time.sleep(1)

内蔵LEDが点滅し始めているのが見えます!

Groveモジュールで実行する

CircuitPythonで簡単なアナログ/デジタルインターフェースを持つGroveモジュールが使用できます。たとえば、Grove - LightセンサーをSeeeduino XIAOの A0ポートに接続して、以下のように実行させます:

import time
import board
from analogio import AnalogIn

analog_in = AnalogIn(board.A0) # Analog pin on Seeedino XIAO

def get_voltage(pin):
    return (pin.value * 3.3) / 65536

while True:
    print("Voltage: ", get_voltage(analog_in))
    time.sleep(0.1)

CircuitPython APIについてもっと知りたいなら、公式サイト(英語)をご参照ください。

資料

技術サポート

技術的な問題は フォーラムでお問い合わせください。