edit

Wio Terminalをはじめよう

Wio Terminalは、Realtek RTL8720DNによる無線接続を備えたSAMD51ベースのマイクロコントローラで、ArduinoとMicroPythonによる開発をサポートしています。120MHz(最大200MHz)で動作し、4MBのフラッシュメモリ、192KBのRAMも搭載しています。Wio Terminalは Bluetooth と 無線LANの両方をサポートしており、IoT プロジェクトにも活用いただけます。Wio Terminalには2.4インチLCD、IMU(LIS3DHTR)、マイク、スピーカー、microSDスロット、光センサー、赤外線送信機(IR 940nm)を内容しています。その上、拡張性を実現する多機能GroveGroveポートが二つ、Raspberry Piと互換性のある40ピンGPIOも搭載しています。

Note

このページはWio Terminalの英語バージョンのウィキに基づいて翻訳されたものです。今後は日本語のドキュメントをさらに更新する予定ですが、日本語サイトで見つからないページ、また何かご不明な点などがございましたら、英語サイトをご利用下さい。

機能

  • 高度に統合された設計
    • MCU, LCD, 無線LAN, Bluetooth, IMU, マイク, スピーカー, microSDスロット, 光センサー, 赤外線送信機(IR 940nm), 暗号化
  • Microchip ATSAMD51を搭載
    • Arm® Cortex® -M4 with FPUコアが120MHzで動作(最大200MHz)
    • 512KB内蔵フラッシュ、192 KB RAM
  • 幅広いインターフェース
    • SPI, I2C, I2S, ADC, DAC, PWM, UART(シリアル)
  • 強力な無線接続
    • Realtek RTL8720DN
    • 2.4GHz/ 5GHz Wi-Fi (802.11 a/b/g/n)
    • BLE / BLE 5.0
  • USB OTGをサポート
    • USBホスト
    • USBクライアント
  • Groveエコシステム
  • ソフトウェアサポート
    • Arduino
    • MicroPython
    • ArduPy
    • AT Firmware

仕様

プロセッサーメーカー部品番号ATSAMD51P19
コア・プロセッサArm® Cortex®-M4 with FPU
クロック周波数120MHz (最大200MHz)
プログラム・メモリ512KB
外部フラッシュ4MB
RAM192KB
動作温度範囲-40°C ~ 85°C (TA)
LCD 画面解像度320 x 240
ディスプレイサイズ2.4 inch
ドライバICILI9341
無線接続メーカー部品番号RTL8720DN
KM4 CPUArm® Cortex®-M4 with FPU
KM0 CPUARM® Cortex®-M0
Wi-Fi802.11 a/b/g/n 1x1, 2.4GHz & 5GHz
BluetoothBLE5.0をサポート
ハードウェアエンジンAES/DES/SHA
基板加速度計LIS3DHTR
マイク1.0V-10V -42dB
スピーカー≥78dB @10cm 4000Hz
光センサー400-1050nm
赤外線送信機940nm
インターフェイスmicroSDカードスロット最大16GB
GPIO40ピン (Raspberry Pi互換)
Grove2 (多機能)
FPC20ピン
USB Type-C電源 & USB-OTG
操作インターフェイス5方向スイッチ/
電源/リセットスイッチ/
ユーザー定義ボタン * 3/
ケース外寸72mm*57mm*12mm
素材ABS+PC

ハードウェアの概要

ピン配置図

はじめる前に

ハードウェア

必要な部品

  • Wio Terminal x 1
  • コンピューター x 1
  • USB Type-Cケーブル x 1

コンピュータにWio Terminal を USB ケーブルで接続すると、ボードの背面にある青色のLEDが点灯します。

ソフトウェア

  • Step 1. Arduino IDEのインストール.

ArduinoIDEの起動

ダウンロードした Arduino IDEをダブルクリックして起動します。

Note

Arduino IDEが別の言語で読み込まれた場合は、環境設定ダイアログ((Peferences))で変更できます。詳細はArduino Software (IDE) page を参照してください。

  • Step 2. Blinkのスケッチ例を開く

LED点滅の例を開く:ファイル > スケッチ例 >01.Basics > Blink

Blink Path
  • Step 3. Wio TerminalのボードライブラリーをArduino IDEに追加

1.Arduino IDEを開き、ファイル > Preferenceをクリックし、下記のURLを「追加のボードマネージャのURL 」にコピーします:

https://files.seeedstudio.com/arduino/package_seeeduino_boards_index.json

2.ツール > ボード > ボードマネージャ...をクリックし、ボードマネージャで「Wio Terminal」を検索してください。

(検索キーワードを入力してエンターを押すと検索されます。)

マウスのポインタをSeeed SAM Boardsに乗せると、ボタンが表示されます。「インストール」ボタンをクリックしてインストールしてください。

  • Step 4. ボードとポートの選択
    ツール > ボードのメニューで、使用しようとしているArduinoを選択する必要があります。Wio Terminalを選択してください。
Choose the right board

ツール > ボードのメニューからWio Terminalボードのシリアルポートを選択します。大抵はCOM3以上のシリアルポートです。(COM1やCOM2は通常、パソコンに搭載されているハードウェアシリアルポートです。どれかわからない場合は、Wio Terminalを取り外してメニューを再度開きます。消えたポートがWio Terminalのシリアルポートです。Wio Terminalを接続し直し、再度現れたシリアルポートを選択します。

Note

Macユーザーの場合は次のようなポート名です: /dev/cu.usbmodem141401

Choose the right port
  • Step 5. プログラムのアップロード

ツールバーの「マイコンボードに書き込む」ボタンをクリックしてください。しばらくしてプログラムのアップロードに成功すると、ステータスバーに「ボードへの書き込みが完了しました。」というメッセージが表示されます。

コードのアップロード

アップロードが完了して数秒後に、Wio Terminalの背面にあるLEDが点滅し始めます。もしそうなら、おめでとうございます!Wio Terminalを動かすことができました。問題がある場合は、トラブルシューティングを参照してください。

Wio Terminalの他のチュートリアルを行い、ご自身のIoTプロジェクトを始めてみてください!

FAQ

Wio Terminalをリセットするには:

「ON」の逆方向にスイッチをスライドさせて、放します。

ブートローダーに投入するには:

「ON」の逆方向にスイッチをスライドさせ、放してから、もう一度スライドさせます。 WioTerminalがクラッシュしたり、何らかの理由でUSBシリアルがArduino IDEに表示されなかったりしたときに非常に役に立ちます。

SWDによるデバッグ

SWDを使用してWio Terminalをデバッグしたり、プログラミングしたりする方法には二通りあります。

PCBの背面のテストポイント

左側はATSAMD51のテストポートです。

  • SWCLK
  • SWDIO
  • SWO
  • RST
  • GND
  • 3V3

右側はRTL8720DNテストポートです。

  • CHIP
  • RXD
  • TXD
  • GND
  • 3V3

頻繁にデバッグしたい場合は、次の方法でSWDデバッグ機能をGroveコネクタに追加できます。


図には2つの未実装の抵抗があり、これらの2つのパッドに0オームの抵抗を半田付けするか短絡して接続することで、ATSMAD51のSWDインターフェイス(SWDIO/SWCLK)をGroveインターフェイスに並列に接続することができます。

テストを行い、このようにSWDインターフェイスを並列に接続できるようにしました。電源を入れたりリセットをしたりするときには、GroveコネクタにGroveモジュールが接続されていないようにしてください。(Groveモジュールにプルアップ/プルダウン抵抗があり、それが影響を与える可能性があります)。

また、SWD、Digital、Analog、Serial、I2Cを使用する時は、ノイズが発生せず、いつでも切り替えることができますが、可能な問題を避けるために、プログラムのデバッグが完了した後は、この2つのパッドの接続を外すことをお勧めします。

資料

技術サポート

技術的な問題は、フォーラムに投稿してください。